meidai

English

English

日本語

コンセプト

私たちはつくりたくて、
ウズウズしています。

頭で思い描いたアイデアが、少しづつカタチとなり、完成していく。そのプロセスは時間もかかり、難しくて、苦労も多いけど、楽しい。私たちは、そんなモノづくりをしたくて、ウズウズしています。

社内・社外から寄せられるアイデアを起点に、市場調査から得た情報を元に仮説と検証を繰り返し、納得のいくまでプランニングを練り直し、デザインパターンをいくつか検討して、カタチにしていきます。

idea

CONCEPT

01

[IDEA]

アイデアから商品戦略を立てる上で重要なことは、「誰に」「何を」「どのように」提供する商品なのかを明確化することです。
具体的な人物像を描き消費者像を浮かび上げるペルソナ設定、消費者に本当に必要な商品ベネフィットの設定など、アイデアをただ形にするのではなく、さまざまな視点からアイデアを見直し、磨いていきます。

ペルソナ設定でユーザーの心を動かす商品開発を実現

ペルソナ設定とは、架空の顧客像(ターゲットユーザー)を設定することです。商品に価値を感じてもらえる架空の人物をイメージし、その人物のプロフィール、行動パターンや価値観、好みや趣味、ライフスタイルなど、なるべく具体的に設定していきます。このペルソナ設定をすることで、ターゲットへのアプローチを戦略的に考える事ができるので、商品力を高めることができます。

research

CONCEPT

02

[RESEARCH]

アイデア段階で立てた戦略・仮説が正しいかを確認しています。市場というものは、時代と共に常に変化しており、まるで生き物のようです。そのような状況で、商品開発をして投入する場合、現在の市場の状況を正確に判断し把握することがとても重要です。

私たちは、市場調査・ユーザー競合分析、アドバイザー会議などで消費者ニーズを的確に把握していきます
アドバイザー会議

アドバイザー会議

社員ではなく、一般の消費者・ペルソナ設定で想定したユーザーなどから直接声を聞くアドバイザー会議を実施しています。実際の声を聞ける貴重な工程です。

planning

CONCEPT

03

[PLANNING]

市場調査を終え精度を高めたアイデアを基に社内にて設計していきます。商品戦略・コンセプトから使用素材の選定、デザインなどを進めていきます。

生産性や寸法精度・組立要件等を検討しながら、より具体的に商品化に向けてのイメージをかためていきます。

マーケットインとプロダクトアウト

マーケットインは、顕在化されたニーズに対して商品を開発するプロセス。それに対して、プロダクトアウトは、まだ認知されていない潜在的なニーズに焦点を当てて、商品を開発するプロセスです。

私たちは、お客様のご要望に応じて、マーケットイン・プロダクトアウトそれぞれの視点から商品を開発していきます。

design

CONCEPT

04

[DESIGN]

デザインは、消費者にとって商品購入を検討する上での大きな判断材料になります。商品コンセプトやブランドが消費者に伝わり、且つ魅力的になるデザインをご提案いたします。

商品を通じて、企業もしくはブランドイメージを、消費者に向けて発信し、商品価値を高めていきます。
デザインコミュニケーション

デザインコミュニケーション

商品コンセプトを基に、さまざまなデザインを検討し、検証していきます。

production

CONCEPT

05

[PRODUCTION]

設計・デザインの工程を経て、デザイン性と機能性を兼ね備えた製品を具現化していきます。
場合によっては試作品を繰り返し、精度の高い検証を重ね、クオリティを高め仕上げていきます。
試作と改善を繰り返す

試作と改善を繰り返す

実際にカタチにした状態から、五感を使って商品としても完成度を評価して、改善点を一つひとつクリアしていきます。

CONTACT

ヒット商品開発、
商品取り扱いについての
ご相談・お問い合わせ

Consultation and inquiries about hit product development and product handling